読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井の中のゲーム好きなカエル

へっぽこな1ゲーマーが、いろいろなゲームを紹介します。

ゲーム紹介その11 遊☆戯☆王アーク・ファイブ TAG FORCE SPECIAL

カードゲーム
本日4月23日は、『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の公開日でした!
劇場で遊戯王を観るのは久しぶりだったので、非常に興奮しました!!!
原作マンガの続編という事でしたが…単なる『その後』だけに留まらず、作品に残っていた伏線や、とあるキャラクターの知られざる過去が語られたりとものすごい映画でした…!
主人公・遊戯の成長にライバル・海馬の執念、新キャラである藍神の目的などなど見所満載でした。デュエルシーンも沢山あって大満足です。

そこで、今回紹介するゲームは『遊戯王アークファイブ タッグフォーススペシャル』です!
このゲームはKONAMIより2015年に発売されたゲームで、プレイステーションポータブルプレイステーションヴィータのダウンロード限定のソフトとなります。
以下概要です。

概要
アニメ『遊戯王デュエルモンスターズ』から『遊戯王アークファイブ』までの5つのシリーズの各キャラクターとタッグを組み、タッグデュエルを行えるゲーム。各キャラクターごとにストーリーが用意されており、キャラクターと一緒に戦い絆を深める事でストーリーを進める事ができる。
タッグデュエルの他に、一対一のデュエルも行える。

レビュー
すべてのシリーズのメインキャラはだいたい登場するので、お祭りゲームのような雰囲気ですね。キャラクターのストーリーは、アニメ本編のダイジェストのようなものだったり、とんでもない展開のオリジナルストーリーだったりとそれぞれ異なっています。
タッグフォースシリーズ』はネタ的なストーリーとなるとメインキャラよりも脇役キャラのストーリーのインパクトが凄まじい傾向があったので、脇役キャラのストーリーが無いのが少々残念でした…。モブキャラのストーリーも凄いのありましたし(笑)
しかし!遊戯や海馬など昔のキャラクターともタッグを組めるというのはとても新鮮でした!!アニメではありえなかった組み合わせでのデュエルも楽しめるので、色々なタッグを眺めてみたいですね。もちろん、自分でも戦いますよ〜!
デュエルを知らない人でも、チュートリアルモードがあるので安心です。

個人的に印象に残ったシナリオは、『遊戯王アークファイブ』のキャラクター、沢渡シンゴのシナリオです。
このキャラクターは、当時のアニメでは三人の手下?を連れているイヤミなライバルキャラクターという役割だったのですが、なんと主人公(プレイヤー)がそこに加わってしまいます!(ちなみにゲーム版の主人公はプレイヤーの分身の立ち位置。セリフは無し、顔が見えないなどなど少し変わった主人公)
アニメでの主人公サイドのキャラクターを倒しに行く、という展開になるので、なかなか新鮮でした。
主人公・遊矢たちには非常に申し訳のないことをしてしまいますが…(ー ー;)
このような展開を味わえるのも、このゲームならではですね。

『全てのシリーズを見ているわけじゃない…』という人でも、各シリーズの主人公とタッグになれば大体の本編のストーリーを把握できるので、軽く知る事は出来るかな?と思います。そこから興味を持ってアニメを見てみたり、好きなキャラクターを見つけてみたりするのもアリだと思います!


遊戯王にハマって早約10数年。今だにカードパックを買ったりアニメを見たりしています。
カードゲームは何と言っても対人戦が1番楽しいと思っているので、携帯ゲームであれば手軽にプレイのがとても気に入っています。いつか、全シリーズのキャラクター総当たりでのデュエルが行えるゲームやアニメ(映画)なんかが出ないかなー、と期待している筆者でした。