読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井の中のゲーム好きなカエル

へっぽこな1ゲーマーが、いろいろなゲームを紹介します。

続・ゲーム紹介その9 セブンスドラゴン3 コード:VFD

記事を書いたあとにもう一度セブドラ3を触ってみたところ、やり残しを発見…。さらに、記事を読みなおしてみると「あれ、伝えたいこと全部書ききれていない!でも訂正でちょこちょこ直していたらキリがなさそう…」と思ったので、「続」としてもう少しだけセブドラ3について書きたいと思います(汗)

ゲームの舞台について
このゲームは時を超えてドラゴンを倒していくストーリーです。最初に登場する「現代」以外に、「アトランティス」(過去世界)と「エデン」(未来世界)にタイムスリップすることになります。
プレイヤーが初めに作成する主人公(並びに仲間キャラ)は、ゲーム内での「現代」の東京の若者です。東京は過去に竜の攻撃を受け大打撃を受けましたが、「現代」では攻撃前の状態に大分近づいているほど復興しているという世界です。人々が娯楽施設である「セブンスエンカウント」(でっかいゲーセンのようなもの)に遊びに来ているくらいなので、わりと豊かなようですね。
主人公もセブンスエンカウントに遊びに来た普通の若者でした。

アトランティス」は過去に滅びた文明の世界ですが、そもそも滅んだ原因がドラゴンによるものなので、主人公たちは過去に飛びます。…正確には、ドラゴンを倒すためだけに過去に飛ぶわけではないのですが…。
アトランティスの人たちは「ルシェ」と呼ばれる種族で、亜人種のような姿が特徴です。
男性はエルフ耳、女性はケモ耳です。
…本音を言えば、エルフ耳の女性やケモ耳の男性キャラも作ってみたかった…ッ!!
それと、どちらもわりと肌の露出が多かったり軽装だったりというのも特徴ですかね。さすが海の国!

「エデン」は現代より遥か未来の世界です。
ここでは人間とルシェが共存しており平和に過ごしていたそうなのですが…例に漏れずドラゴンの襲撃により壊滅状態にあります。
遥か未来の世界なのに、街並みや人々の様子がむしろ中世の世界っぽい雰囲気です。時代が一周どころか何周もしているせいだ、というような事が作中で言われていたような…。

キャラクターについて
プレイヤーが作成できるキャラクターは、見た目も職業もどのような組み合わせでもできてしまいます。
例えば、私がクリアしたデータのメインユニットだと

・忍者っぽいけど服がど紫色のサムライ青年
アルビノカラーでボブカットがキュートなメイド姿のゴッドハンド(格闘と回復術に優れる女性)
・怪しいゴーグルをかけたマッド(というよりギークというやつかな?)な雰囲気のハッカー兄ちゃん

という編成でした。
はっきり言って、こんな集団がいたら近づきたくないですね(笑)趣味が全開のパーティになるのはご愛嬌。
ちなみに、ユニットは三人構成で、最終的に全部で3つのユニットを作る事ができます。九人揃っての大技もあるので、キャラ作成に熱が入る人は燃えると思いますよ!
いろいろな組み合わせができるので、わりと自由度は高いと思います。強いてできない事と言えば、男性キャラでは女性ボイス、女性キャラでは男性ボイスは選べないという事でしょうか。男装・女装キャラは不可能なのだと思うべきか、「いや、プレイヤーの想像次第で可能性は無限大だから。」と捉えるべきか…(笑)
キャラクターのレベルが30以上になると、「転身」が可能になり、レベルを10下げる代わりにステータスボーナスを得、他の職業に変更する事ができます。このシステムをつかえば、ステータスカンストのキャラクターも作れてしまいます。やり込みが捗りますな!!


その他、私が気に入っている序盤に登場するキャラクターも紹介します。

ユウマ(如月優馬)
国際自衛軍ISDFの特殊戦術部所属のエリート。イケメン。高い実力を鼻に掛ける事もなく、物腰丁寧な好青年です。ちょっとプライドは高いところがあるけど。
最初に登場した時は、その圧倒的な力でドラゴンを一撃で倒してしまう姿が印象的でした。
めちゃくちゃ強いのに穏やかで、しかもちょっとズレた感覚の持ち主というギャップが可愛らしいキャラクターです。彼の秘密(わりと最初に明かされますが)や育った環境の事を考えると、それも仕方のなかった事なのでしょうが…。
ストーリーを進めていくと、ユウマの言動にやきもきしてハラハラしっぱなしでした(笑)
ユウマに幸あれ…!!

チカ&リッカ
セブンスエンカウントを運営する企業「ノーデンス」に勤めている双子の少女。目隠れパッツン前髪が二人ともとってもキュート。
チカはノーデンスでの激務によって精神をすり減らした結果やる気のない感じになってしまっており、対照的にリッカは働かないと息ができないというようなワーカホリック気質のためやる気の無さそうなチカを常に叱咤しています。
「なのです」という語尾の可愛いチカと、「はいはーい!!」と元気にアイテムの売買を担当してくれるリッカには何度となく癒されました。双子キャラには…弱いんですよね…。

その他、魅力的なキャラは目白押しなのですが、私からはこの三人だけで…!


やればやるほど新たな発見のあるセブンスドラゴン3。また最初から初めてみようかな…と思う春なのでした。