読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井の中のゲーム好きなカエル

へっぽこな1ゲーマーが、いろいろなゲームを紹介します。

ゲーム紹介その5 ロックマンエグゼ5DSツインリーダーズ

アクション

今回ご紹介するゲームは、『ロックマンエグゼ5DSツインリーダーズ』です。このゲームは、2005年にカプコンから発売されたニンテンドーDS用ソフトです。ゲームジャンルは「データアクションRPG」です。2004年にゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売された「ロックマンエグゼチームオブブルース」および「ロックマンエグゼチームオブカーネル」の二本を一本にまとめた、大変お得なゲームです。メインストーリーはそのままに、アドバンス版になかった多数の追加要素を加えての移植ゲームとなりました。

 

あらすじ

主人公の小学5年生「光熱斗(ひかりねっと)」は相棒のネットナビ「ロックマン」と、友人たちと一緒に父親の研究室を訪れる。研究者である熱斗の父に「見せたいものがある」と呼び出されたためだ。何か新しい研究を見せてもらえる、と楽しみにしていた一同だが、突如研究室に怪しい姿をした集団に襲撃をうけ、熱斗の父親を連れ去ってしまった。驚くべきことに、事件を起こしたのは壊滅したはずの悪の結社「ネビュラ」だった。父を助けるため熱斗ロックマンは個性派ぞろいの精鋭が集うチームに入り、ネビュラに支配されつつある電脳世界・現実世界を救いだすために戦うこととなる。

 

レビュー

小学生である主人公熱斗と、データという存在のロックマンの二人は、固い絆で結ばれた親友とも呼べる存在です。そんな二人が悪の組織から世界を救うという王道ストーリーは、かなりスカッ!!とします。

フィールド上では熱斗を操作し、現実での仕掛けを解いたり人から聞き込みをしたりすることがメインになります。そして、パソコンなどのネットにつなげるものに「プラグイン」してロックマンを電脳世界に送り込むことで、ネットの世界も探索することができます。ネット上ではウイルス(敵キャラ)がうろついており、ランダムエンカウントでバトルに突入します。戦闘が発生するのは、ほとんど電脳世界内になります。バトルは3×3=9マスの自分陣地と、同じく9マスの相手陣地、合計18パネルのフィールド上で行うというものです。1ターンに一度「バトルチップ」を選択しロックマンに送ることができます。ターンが始まると限られた陣地内を動きまわりながら、タイミングよく相手に攻撃を当てていきます。この時条件が整えば大量のバトルチップを送ることも可能です。通常のバトル以外に、このゲームで特徴的なモードがあります。それは、メインストーリー中の章のボスと戦う際に行うミッション、「リベレートミッション」です。これは、ネビュラに奪われたインターネットの領域を「解放(リベレート)」することが目的のミッションです。解放するエリアの奥には、強力なボスキャラクターが待ち構えています。ここで独特なのは、エリアを解放する時に地面のパネルを指定し、そこに潜んだウイルスをデリート(ここでは、戦闘で倒すこと)することによって解放していくという点です。指定したパネルに潜む敵を1ターンで倒し切るとボーナスとして周り一帯のパネルが解放できたり、敵のいるパネルに囲まれた場所で戦闘を開始すると自分陣地が減った不利な状況で戦ったりと、周りの状況に合わせて戦況が変化したり戦闘の仕方でボーナスが発生したりするという状況になります。プレイヤーの操作テクニックや戦略性の試されるミッションになっているので、非常にやりごたえがあります。リベレートミッション中はロックマンだけでなく同じチームのネットナビを操作することになります。チームメンバーはバージョンによって異なるので、どちらのチームを選ぶか悩んでしまいますね。『ツインリーダーズ』では両方のバージョンが遊べるので、どっちもやってみることをお勧めします(笑)

 

それでは、いくつかDS版ならではの要素を紹介したいと思います。まずは、アニメーション風のオープニングムービーがついている点です!このムービーの曲はゲーム発売当時に放送していたアニメ版ロックマンエグゼ(ロックマンエグゼストリーム)の主題歌でした。力強い女性ボーカルの声と、シリアスでかっこいいサウンドが、エグゼの世界と最高にマッチします!それに、なぜか熱斗ロックマン・ブルース・カーネルの4キャラにはアニメ版声優さんのボイスが付いています。…ゲーム内容と、そんなに関係ないですね…。

気を取り直して、次に紹介するのは「ダブルスロットイン」です。これは、DSというハードを利用した遊び心のある要素です。残念ながら、DSiなどアドバンス用ソフトをさすところの無いハードではこの要素は遊べません。「ダブルスロットイン」とは、過去作である初代「ロックマンエグゼ」~「エグゼ5」、派生作の「ロックマンエグゼ4.5」をアドバンス用スロットに差し込んでから「ツインリーダーズ」を起動することによって様々な要素が追加される、というものです。追加される要素は、お得にアイテムを買える商人が現れるものやイベントが起こるものなど、さしこんだソフトによって変化します。実用的なものを挙げるとすると、「ロックマンの新たな変身」です。ロックマンには、ロックマンにしか備わっていない機能「ソウルユニゾン」と「カオスユニゾン」というものがあります。これらは大まかに説明すると、「仲間ナビの力を借りて、そのナビと同じような能力を使うことができるようになる」というものです。本来なら仲間のナビの能力しか得られないのですが、ダブルスロットインすることによって「フォルテクロスロックマン(ゴールドとシルバーの2種類がある)」と「ソルクロスロックマン(コナミから発売されているゲーム『ボクらの太陽』とのコラボ変身)」が追加されます。フォルテクロスロックマンになるためには『エグゼ5』においてある条件を満たさなければなりませんが、その分超強力な攻撃を行えるようになります。この変身はどれもなかなか強力なので、試せるソフトを持っている方はぜひ試してみてほしいです。

ちなみに筆者のお気に入りの要素は、「エグゼ4」を差し込んだ時に流れる専用戦闘BGMです。曲が「エグゼ4」戦闘曲のアレンジになっており、アップテンポでかなりかっこいい曲です。…この要素は、ゲームに役立つものではありませんが。

最後に、ちょっとだけ役に立つ機能を紹介します。『ツインリーダーズ』では、戦闘中にマイクに向かって「がんばれ!」などの応援を行うと、ロックマンがフルシンクロ状態(パワーアップ)になったり体力が回復したりします。地味に便利なので、ちょくちょく使っていました。

ここで長く取り挙げたのはあくまで一部で、他にも容量が大きくなったことでセーブデータが2つ作れるようになったり、通常のウイルス戦でもロックマン以外のナビを使える「ナビチェンジシステム」があったりと、より『エグゼ5』が楽しめる様々な要素が追加されています。あれ、こちらの方が大事な情報でした。

 

勧善懲悪な王道ストーリーでありながら、奥深いゲーム性とやりがいのあるゲームシステムで、大人も子どもも楽しめるゲームだと思います。(大人だと、インターネットに潜む問題やゲーム内で起こる出来事など、より深く考えられる場面・考えさせられる場面もあるかと思います)残念ながらダウンロード販売はしていないので、まだ遊べるDSを持っている方は、ぜひとも「ダブルスロットイン」しながら遊んでいただきたいです。

 

2月1日追記

どうやら、2月6日から3月21日まで東京浅草の花やしきで、ロックマンエグゼとのコラボがあるみたいですね!自分もチャンスがあれば行きたいです。